ブログ

独自SSLって何?ワードプレスをインストールしたらすぐ設定しよう!

独自SSLとは?

簡単にいうと、独自SSLとは、ネットワーク上の通信を暗号化する技術のことを言います。

サイトの信頼性を示すもので、現在ほとんどのサイトはSSL化されています。

例えばSSL化されていない場合、ウェブブラウザ上で見た時に、

のように保護されていない通信と表示されてしまいますので、ブログやサイト運営をする上でのSSL化は必須です。ここではエックスサーバーというサーバー会社を使った場合の独自SSL化の方法をお伝えします。

エックスサーバーは、無制限・無料で利用可能な独自SSLで、Word Pressクイックスタートでサーバー契約された方はSSLの設定もしてくれるので、この記事で書いてある作業は必要ありません。こちらの記事も参考にどうぞ。

【初心者にオススメ】WordPress(ワードプレス)ブログを15分で作る方法

この記事は、ワードプレスのブログを15分で作ってしまおうという内容です。 初心者の方でもすぐに始められるように意識して記事を書きました。難しいことは後回し!ワードプレスでブログを始めようと決めた方が楽 ...

続きを見る

 

エックスサーバーで常時SSL化する方法

エックスサーバーの管理画面、「トップページ」→「サーバー管理」をクリック。

エックスサーバー常時SSL

サーバーパネルの中の、「.htaccess編集」をクリックし、対象のドメインを選びます。

エックスサーバー常時SSL化-2

さらに「.htaccess編集」をクリックし、編集画面へ。

エックスサーバー常時SSL化-3

.htaccess(エイチティーアクセス)とは、Webサーバーの挙動を決定する設定ファイルです。ディレクトリ単位で、アクセス制限やユーザー認証などを設定することができます。Webサイトにおけるすべての表示を常時SSL化する場合は、「.htaccess編集」で以下の記述を追加します。

エックスサーバー常時SSL化-4

RewriteEngine On

RewriteCond %{HTTPS} !on

RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

上記をこのままコピー&ペーストし保存します。

 

ワードプレスの設定

ワードプレスの管理画面(ダッシュボード)にログインし、「設定」→「一般」にある「WordPress アドレス(URL)」「サイトアドレス(URL)」の設定内容を2箇所、https通信時のURL(https://~)に変更します。

ワードプレスのSSL化

記入したら、変更を保存して終了です。

実際にアドレスバーで表示されているURLがhttps://...になっていればオッケーです。URLが変わってしまうので、ワードプレスをインストールしたらすぐに設定してしまいましょう。

「http://~」のURLでアクセスした際、自動的に「https://~」のURLへ転送されていれば設定完了です。

-ブログ
-, , ,

© 2021 MY BLOG LOVIN